0568-79-8244(ハニヨシ)
  24時間自動予約受付
  夜 8:30分まで診療
HOME 医院紹介 アクセス 中日・朝日新聞 当院記載Q&A
当院の高レベルな保険治療
インプラント
中部地区1位 全国2位
  (アメリカNo.1インプラント3i過去植立総数)
GOIA(国際インプラント学会)認定医
インプラント治療とは
  現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯
当院のインプラント・3i紹介
インプラントの長期保存を目指して、何をすべきか。
当院学会発表論文2008
ぺリオインプラントセンター
  (ぺリオ=歯槽膿漏)
写真とコンセプト
2台の高感度デジタルCT(2台保持は日本初)
当院では目的に応じ2台のCTを使い分け安全で適確な治療計画を立てます。
歯科専用手術台(ドイツ製)
日本初の設置
インプラントをただ埋めるだけではダメ
  (免震構造とインプラント)技工士とのタイアップ
サイナスリフト法
  (上顎の奥の骨の薄い所に骨を移植して強化)
静脈鎮静法・
総入れ歯を1日で噛める歯に
  大学病院麻酔科と連携し手術を楽に行う)
治療の症例(インプラント)
治療の手順(インプラント)
当院の症例(インプラント)
歯槽膿漏に取り組み20年
  日本臨床歯周病学会認定医
歯槽膿漏を克服するには
劇的リフォーム歯槽膿漏 回復術と歯肉再生
レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療
歯槽膿漏とインプラント及び各種手術方式
発想を転換し進化し続ける矯正
当院の症例
自費入れ歯
総入れ歯・ハイドロキャスト
  (噛める入れ歯を患者さんと医師が一緒に作る)
超薄型軽量弾性義歯
  (金属バネがなくて入れ歯と気づかれない-小さく違和感も少ない-)
小児治療
  (小児専用チェアー、小児科親子室、ゲームコーナー、保険内で少しでも歯並びをよくする方法
機能的審美歯科
当院の症例
2台のレーザー治療器
パナソニックCO2レーザー
(世界初厚生認可)
モリタEr:YAGレーザー
かみあわせ異常とアゴの痛み
(顎関節症)
困難な親知らずの日帰り抜歯・
主な設備
当院では2台の高感度デジタルCT(通常の1/10の被爆)を設置しています。
2台保持するのは日本で初めてです。
症例としてはインプラント・矯正・親知らずの抜歯・根尖病巣・顎関節症・歯牙破損・歯牙亀裂・埋状過敏歯・位置異常歯・各種病巣 etc・・・ などに利用します。

1台は今まであるCT(日本製モリタ社)をさらに改良し限局的に高精度の鮮明な画像を写し出します。今回購入した2台目のCT(ドイツ製カボ社)は1回撮影するだけで口腔全体のあらゆる角度からの映像が見られます
3次元データの豊富な情報量をもとに3D画像を用いて患者様にもわかりやすく解説できます。
2台のCTを駆使して安全で高レベルの適確な治療計画を立てます。

高感度デジタルCT(3DXCT・PDF)
歯科専用に開発されたCTで、東海3県(愛知・岐阜・三重)で3台のみの設置です。(H18.8月統計)
X腺量が一般CTの1/7以下と非常に少ないのが特徴でなおかつ高品質の画像を提供できます。
撮影時間も私服のままわずか18秒で行われます。

低照射線量
実効線量計算はICRP60に従う。
ランドファントム:ファントム・ラボラトリー社 女性(163cm、54kg)
蛍光ガラス線量計;アサヒテクノグラス社
照射条件:80KV,5mA,17.5s(360度撮影)

アゴの骨の立体的な画像が連続動画として3次元的に現れ避けて通りたい血管や神経の位置を把握してインプラントが確実にうてる厚みのある骨を探索できます。
また骨の厚さを正確に測定できるので骨移殖にも非常に有用です。
神経血管が複雑に交索する人体構造を立体として把握できるので手術精度を格段に向上させ安全性を高めます。
インプラントの他にも根尖病巣、顎関節、埋状歯、矯正などの診断、精査にも最適です。
困難な親知らずを抜歯する場合も三次元的な位置をしっかり確認することにより、危険な血管や神経の位置を確実に把握し、安全でスピーディな抜歯が行えます。

歪みのないX線投影画像
  受像面がフラットだから、歪みのないX線投影画像が得られます。アナログシステムのような画像再構成前の歪み補正は必要ありません。
 
  デジタル撮影
X線投影画像(FPD)イメージ
アナログ撮影
X線投影画像イメージ
 
アナログ撮影では中心から離れるにつれて方眼の間隔が歪んでいるのが確認できます。対して、デジタル(FPD)で撮影されたものは中心から離れても歪みがありません。このため、アナログ撮影で必要不可欠な、ソフトによる歪み補正が必要ありません。

 
  ボリュームレンダリング
3DXで撮影したデータをボリュームレンダリングすることにより立体的な画像の表示が可能。
目的の部位に合わせてヒストグラムの調整や設定変更をすることにより、硬組織から軟組織まで、高精細な立体像が得られます。
  リアルタイムリスライス
ボリュームレンダリングとスライス画像がリアルタイムに連動。目的部位への操作を容易にします。

  XYZウインドウ表示
XYZカーソルを任意の観察部位に合わせれば、その部位のXYZ方向のスライス画像を表示します。
 
 
 


関心領域を中心とした3DX画像

スカウト撮影による位置づけ
2方向から撮影したスカウト画像上でカーソルを関心領域に合わせることにより、自動的にチェアが動き、正確な位置づけが行われます。
上記の画像は、説明のために人頭骨ファントムにセラミック・ボールを関心領域の中心として挿入し、撮影しています。
※スカウト撮影(80kV、5mA)を行うと被曝線量は約6%増加します。

下顎嚢胞
上顎3番埋伏歯
Φ40×H40mmでは患者さんに優しい低照射線量。
約90%の症例はこの撮像領域で対応できます。
歯周病(骨吸収)
顎関節

歯根破切
下顎根尖病巣
Φ60×60mmでは広い撮像領域により
上下の歯の同時観察などができます。
上顎インプラント
下顎インプラント
画像提供: 北千住ラジスト歯科i-View画像センター
東京都立川市 にいむら歯科医院
ドイツ ライフチッヒ大学歯科放射線学教室


ページのTOPに戻る