0568-79-8244(ハニヨシ)
  24時間自動予約受付
  夜 8:30分まで診療
HOME 医院紹介 アクセス 中日・朝日新聞 当院記載Q&A
当院の高レベルな保険治療
インプラント
中部地区1位 全国2位
  (アメリカNo.1インプラント3i過去植立総数)
GOIA(国際インプラント学会)認定医
インプラント治療とは
  現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯
当院のインプラント・3i紹介
インプラントの長期保存を目指して、何をすべきか。
当院学会発表論文2008
ぺリオインプラントセンター
  (ぺリオ=歯槽膿漏)
写真とコンセプト
2台の高感度デジタルCT(2台保持は日本初)
当院では目的に応じ2台のCTを使い分け安全で適確な治療計画を立てます。
歯科専用手術台(ドイツ製)
日本初の設置
インプラントをただ埋めるだけではダメ
  (免震構造とインプラント)技工士とのタイアップ
サイナスリフト法
  (上顎の奥の骨の薄い所に骨を移植して強化)
静脈鎮静法・
総入れ歯を1日で噛める歯に
  大学病院麻酔科と連携し手術を楽に行う)
治療の症例(インプラント)
治療の手順(インプラント)
当院の症例(インプラント)
歯槽膿漏に取り組み20年
  日本臨床歯周病学会認定医
歯槽膿漏を克服するには
劇的リフォーム歯槽膿漏 回復術と歯肉再生
レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療
歯槽膿漏とインプラント及び各種手術方式
発想を転換し進化し続ける矯正
当院の症例
自費入れ歯
総入れ歯・ハイドロキャスト
  (噛める入れ歯を患者さんと医師が一緒に作る)
超薄型軽量弾性義歯
  (金属バネがなくて入れ歯と気づかれない-小さく違和感も少ない-)
小児治療
  (小児専用チェアー、小児科親子室、ゲームコーナー、保険内で少しでも歯並びをよくする方法
機能的審美歯科
当院の症例
2台のレーザー治療器
パナソニックCO2レーザー
(世界初厚生認可)
モリタEr:YAGレーザー
かみあわせ異常とアゴの痛み
(顎関節症)
困難な親知らずの日帰り抜歯・
主な設備
【インプラント治療とは】
 インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人工の歯も、患者さんに合わせて一本づつ作るので、噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変わりません。
【現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯】
 インプラントが一般に行われ始めたのは、1985年頃で、チタン・サファイヤ・形状記憶合金・セラミックスなどの、様々なインプラント材料が開発されていました。そして、長期にわたる臨床と研究の結果、チタン系のみが、選択淘汰されています。
それは何故か?
 インプラントは、はぐきの下の骨に埋め込みますが、チタン系のみが、回りの骨と癒合し、強く接着します。他のインプラントは、骨とインプラントの間に、緩衝地帯のような結合組織を作るのみで、骨との接着が弱いのです。チタンは、外科手術でも骨をつなぐ部品として使用されているように、骨と強く接着し、口の中の変化(熱い物・冷たい物・酸性やアルカリ性の食物)におかされず、体に害のない材料であります。