0568-79-8244(ハニヨシ)
  24時間自動予約受付
  夜 8:30分まで診療
HOME 医院紹介 アクセス 中日・朝日新聞 当院記載Q&A
当院の高レベルな保険治療
インプラント
中部地区1位 全国2位
  (アメリカNo.1インプラント3i過去植立総数)
GOIA(国際インプラント学会)認定医
インプラント治療とは
  現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯
当院のインプラント・3i紹介
インプラントの長期保存を目指して、何をすべきか。
当院学会発表論文2008
ぺリオインプラントセンター
  (ぺリオ=歯槽膿漏)
写真とコンセプト
2台の高感度デジタルCT(2台保持は日本初)
当院では目的に応じ2台のCTを使い分け安全で適確な治療計画を立てます。
歯科専用手術台(ドイツ製)
日本初の設置
インプラントをただ埋めるだけではダメ
  (免震構造とインプラント)技工士とのタイアップ
サイナスリフト法
  (上顎の奥の骨の薄い所に骨を移植して強化)
静脈鎮静法・
総入れ歯を1日で噛める歯に
  大学病院麻酔科と連携し手術を楽に行う)
治療の症例(インプラント)
治療の手順(インプラント)
当院の症例(インプラント)
歯槽膿漏に取り組み20年
  日本臨床歯周病学会認定医
歯槽膿漏を克服するには
劇的リフォーム歯槽膿漏 回復術と歯肉再生
レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療
歯槽膿漏とインプラント及び各種手術方式
発想を転換し進化し続ける矯正
当院の症例
自費入れ歯
総入れ歯・ハイドロキャスト
  (噛める入れ歯を患者さんと医師が一緒に作る)
超薄型軽量弾性義歯
  (金属バネがなくて入れ歯と気づかれない-小さく違和感も少ない-)
小児治療
  (小児専用チェアー、小児科親子室、ゲームコーナー、保険内で少しでも歯並びをよくする方法
機能的審美歯科
当院の症例
2台のレーザー治療器
パナソニックCO2レーザー
(世界初厚生認可)
モリタEr:YAGレーザー
かみあわせ異常とアゴの痛み
(顎関節症)
困難な親知らずの日帰り抜歯・
主な設備
【静脈鎮静法(じょうみゃくちんせいほう)】 (大学病院麻酔科との連携)
 当院医師と麻酔専門医のコラボレーションによるインプラントオペで
 大掛かりなインプラント手術の不安と恐怖をやわらげます。

 この静脈鎮静法は、薬剤を静脈内に点滴注入することにより、手術中の不安恐怖を、取り除きます。しかし、静脈鎮静法は、"呼びかければ、応答できる"状態にあり、患者さんの意識を失わせるような強烈な麻酔ではありません。完全に意識が無く、眠った状態になる全身麻酔とは違い、この鎮静法は、意識もあり、会話もでき、周囲の状況もわかります。気分が安定し、眠気のでるようなリラックス感さえ、ある程です。手術中健忘効果があるため、手術が終わると、「えっもう終わったの?」という感じさえします。
写真  抗生物質を直接体内に取り込めるので、大規模な手術でも"はれあがる"ことが少ないです。麻酔専門医が、鎮静法と患者さんの全身管理を担当するので、担当医師はインプラント植立に専念でき、また、患者さんにとっても、より安全で快適な手術になります。
 費用は、麻酔専門医の指導料・薬剤代・材料代の実費のみを頂戴し、当院の利益は含みません。愛知学院大学歯学部麻酔科の協力を得て、麻酔専門医に手術中立ち会っていただきます。


【総入れ歯を1日で噛める歯に】
 総入れ歯の安定が悪くて痛かったり、しっかり噛めない方、残りの歯がグラグラして抜かなくてはならないと思うのだけど抜いた後のことを思うと不安な方、本当に不自由でお困りだと思います。
 当院では高感度デジタルCTによる確かなリサーチ(骨の厚み・血管の交差状態を三次元的に把握し、インプラントを植えこむ最良の箇所を探索します。線量は一般CTの1/7以下です。)と永年培った技術の蓄積のもと1日でインプラントを植え込みその場で噛める人工の歯を再現する手術を行っています。(一部例外は除く)
 大学病院麻酔科の協力を得、安全で楽な手術を行い患者さんの予後も良好です。

【当院の症例1及び手順】
 まず、総入れ歯の方のデジタルCT撮影(通常CTの1/7線量)を行い、適切な植立場所を探索設計します。その後一日で、インプラントを植えます。(なお、骨の弱い箇所は増強、骨移植なども行います。)
 同時に、その場で即席の固定式の葉を作製するので、手術後すぐにかむことができます。
 また、グラグラの抜かなくてはならない歯が残っている場合は、抜くと同時にインプラントを植えて行きます。

上下にインプラントをうった所 インプラントを打った後のレントゲン写真
 
上アゴのその場で作製した
即席の固定式の歯
下あごのその場で作製した
即席の固定式の歯
 
上下のその場で製作した即席の固定式の歯
※即席の固定式の歯は、やがて正式の固定式の歯に置き換えます。
インプラントが骨と完全にゆ着する間(4ヶ月〜半年)、即席の固定式の歯を改造してより理想的なかみ合わせを追求して行きます。
4ヶ月〜半年待って、インプラントが完全に骨とゆ着したら、技工士が模型に立ち上げ今まで改造してきた即席の固定式の歯の形態、状態を把握参考にして、審美的にも優れた正式な固定式の歯(完成作製物)を作製していきます。 @〜F
模型を立ち上げる。
 
インプラントの上に乗せる固定式の歯
(歯ぐきの状態も自然に近く、審美的に優れています。)
(技工士が色調、形態など個々の患者様と相談しながらすべてオーダーメイドで作製していきます。)
 
固定式の歯をインプラントの上に乗せます。
 
ネジで固定します。
 
その上にオーダーメイドの歯を1本1本入れていき固定します。
このようにセラミックスの歯を装着します。
(セラミックスの歯は技工士が1本1本色調形態など個々の患者様と相談しながらすべてオーダーメイドで作製していきます。)
 
セラミックスの歯をすべて装着したところ
 
完成された各パーツを、実際に患者様に順番に装着していきます。T〜W
 
T
上アゴ 下アゴ
横面 正面
この上にオーダーで作製したセラミックスの歯を、ドクターが1本1本かみ合わせを慎重に調整しながら装着していきます。
(技工士も患者様と相談しながら、最終の色調、形態などのチェック、微調整を行います)
 
U
上アゴ 下アゴ
横面 正面
 
V  装着完成
上アゴ 下アゴ
外から他人が見て人工の固定式の歯とはまったく気付かれません。
 
W    アゴの状態は、年齢と共に変わっていくので、必ず4ヶ月に1度は検診を行ってください。
また、当院のすべてのインプラントがそうですが、完全に接着せず、何かあったらすぐに取り外せて常に分解、清掃のできる状態にしてあります。
外れたり、緩んだりしてかみ合わせに違和感をきたしたら、連絡の上すぐに御来院してください。

【当院の症例2】
術中   術後
 
【当院の症例3】
術中   術後

ページのTOPに戻る