0568-79-8244(ハニヨシ)
  24時間自動予約受付
  夜 8:30分まで診療
HOME 医院紹介 アクセス 中日・朝日新聞 当院記載Q&A
当院の高レベルな保険治療
歯槽膿漏に取り組み20年
  日本臨床歯周病学会認定医
歯槽膿漏を克服するには
劇的リフォーム歯槽膿漏 回復術と歯肉再生
レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療
歯槽膿漏とインプラント及び各種手術方式
発想を転換し進化し続ける矯正
当院の症例
自費入れ歯
総入れ歯・ハイドロキャスト
  (噛める入れ歯を患者さんと医師が一緒に作る)
超薄型軽量弾性義歯
  (金属バネがなくて入れ歯と気づかれない-小さく違和感も少ない-)
小児治療
  (小児専用チェアー、小児科親子室、ゲームコーナー、保険内で少しでも歯並びをよくする方法
機能的審美歯科
当院の症例
2台のレーザー治療器
パナソニックCO2レーザー
(世界初厚生認可)
モリタEr:YAGレーザー
かみあわせ異常とアゴの痛み
(顎関節症)
困難な親知らずの日帰り抜歯・
主な設備
インプラント
中部地区1位 全国2位
  (アメリカNo.1インプラント3i過去植立総数)
GOIA(国際インプラント学会)認定医
インプラント治療とは
  現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯
当院のインプラント・3i紹介
インプラントの長期保存を目指して、何をすべきか。
当院学会発表論文2008
ぺリオインプラントセンター
  (ぺリオ=歯槽膿漏)
写真とコンセプト
2台の高感度デジタルCT(2台保持は日本初)
当院では目的に応じ2台のCTを使い分け安全で適確な治療計画を立てます。
歯科専用手術台(ドイツ製)
日本初の設置
インプラントをただ埋めるだけではダメ
  (免震構造とインプラント)技工士とのタイアップ
サイナスリフト法
  (上顎の奥の骨の薄い所に骨を移植して強化)
静脈鎮静法・
総入れ歯を1日で噛める歯に
  大学病院麻酔科と連携し手術を楽に行う)
治療の症例(インプラント)
治療の手順(インプラント)
当院の症例(インプラント)
【発想の転換・進歩し続ける矯正】

"できうる限り歯を抜かずに行う"という信念を持つ院長が、最先端で活躍する矯正専門歯学博士を招き、10人のドクター(T,D,Mキョウセイスタディグループ)が協力して行います。
院長を中心に平成10年より矯正を極めようとするドクターが集まり、TDM矯正スタディグループを発足する。毎月一回必ず勉強会を開き互いに意見を述べ合い、調和の取れた安全な矯正を目指す。また、勉強会には、第一線で活躍する矯正専門歯学博士を招き、レベルの高い常に進化する矯正を目指す。

【小児矯正】
私共は、矯正治療の目標として、次の3項目をあげています。

 1 できる限り、歯を抜かない治療を行う。
 2 歯やまわりの組織に、ダメージを与えない治療
   を行う。
 3 治療が、短期間に終わるよう、心掛ける。
歯並びの悪さは、ほとんどの場合は、口の中のスペース不足が原因と思われます。
それゆえ矯正のために、大事な永久歯を、2本〜4本抜かなくてはならず、歯を抜いて出来たスペースに、歯を形よくならべるのが、従来の矯正でした。

  ならば・・・スペース不足が問題ならば、
   「アゴ自体を大きくすれば良い」との、結論に至りました。
 アゴを大きくするなんて、とんでもない事と思われるかもしれませんが、骨格研究の進歩によって今や世界中で、多様な器具が開発されています。当院では、アゴを出す・引っこめる・かみあわせを高く(深く)するなど、形態を自由自在に調節する装置を使いこなしています。
 ですから、歯をなるべく抜かない矯正が可能になったのです。
 上に、あげた1・2・3の目標が、なぜ重要なのか。

1 は、言うまでもありませんが、ほとんどの症例は、歯の大きさに対する、アゴのスペース不足が原因となっています。大きな歯に見合ったアゴを形成することで、歯とアゴの調和を保ち、
歯並びだけでなく、顔ぼうもよくなります。

2 今までのように、歯を抜く矯正治療の場合、その抜いたスペースに、歯を移動させねばならないので、歯の移動量が多くなり、歯や歯を支えている骨に負担をかけていました。特に、ブラケット(皆さんがよくみかける、歯の表面に、ペタペタとはりつけてある装置)の期間が長くなると、虫歯になりやすく、回りの組織にダメージを与えます。従来の矯正では、考えられなかったことですが、
当院では、ブラケットをしなくてもよい症例が、多々あります。

3 アゴを、大きくしながら、徐々に、歯を移動させればよいし、歯を抜いたスペースに歯を、大移動させなくてもよいので、移動量が少なく、短期間ですみます。

ただ、小児の場合は、なるべくはやく相談されるとよいでしょう。
「体が、発育してきたら、矯正を始めよう!」と、考えてみえる方が、多いようですが、これは、見当違いなのです。なぜなら、体の発育と、アゴや歯の発育はずれていて、体の発育期には、もうアゴの成長が終わっていることもあるからです。しかし、各種装置が、ありますので、どのようにも対応していきますが。やはり、なるべく早い時期に相談されるとよいでしょう。

【成人矯正】
 小児矯正は、骨の発育期を利用して行うので、骨や歯へのダメージは少なくてすみますが、成人は骨の発育が止まっているので、正直なところ、歯槽膿漏の誘発etc.などのダメージが多く発生します。当院は、歯槽膿漏治療などの骨専門の病院なので、そのダメージを最小限にとどめるような矯正をするとともに、アフターケアを徹底して行います。
 成人矯正をすることによって正しい歯並びを作り出すことは、機能的にもしっかり噛め、歯の清掃もしやすく、虫歯になりにくい状態にし、何よりもその自然な笑顔に満足していただけることでしょう。

【局所(部分的)矯正】短期間の矯正
 1.2.のような完璧な矯正は、時間と費用がかかるため、気になる所のみの矯正も可能です。わずかのリスク(費用、時間)で多くの利益を生むという考えです。

【歯周病矯正】
 歯周病(歯槽膿漏)になると、歯を支えている骨がとけて、土台が弱くなります。そのため、歯が傾いて出っ歯になったり、前歯の隙間が広がったりします。もちろん、歯槽膿漏の治療を行って、傾いた歯を元の健康な状態に戻すことが必要ですが、その上で矯正を施すことにより、短期間で理想的な歯並びになるよう、努めています

【インプラント矯正】
 歯が抜けて、インプラントをする場合、困った問題がありました。それは、歯の抜けた両端の歯が傾いてくるため、インプラントを打つ場所が狭くなり、インプラントが入らなくなることでした。が、矯正をすることによって、歯の傾きを以前の正常な状態に戻し、理想的な形でインプラントを打つ事が出来る様になります。

矯正は最近では、インプラントを利用したり、日進月歩の勢いで進化しています。
私たちは、患者さんの負担の少ない、最高レベルの矯正を提供できるよう、日々研鑽を積み重ねてゆきます。月1度10人のドクターが集まり勉強会を開き、一人一人の患者さんについて検討し慎重に治療をすすめていきます。
院長

【当院の症例】
個人情報保護のためすべて模型にて例示します。
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
ページのTOPに戻る