0568-79-8244(ハニヨシ)
  24時間自動予約受付
  夜 8:30分まで診療
HOME 医院紹介 アクセス 中日・朝日新聞 当院記載Q&A
当院の高レベルな保険治療
歯槽膿漏に取り組み20年
  日本臨床歯周病学会認定医
歯槽膿漏を克服するには
劇的リフォーム歯槽膿漏 回復術と歯肉再生
レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療
歯槽膿漏とインプラント及び各種手術方式
発想を転換し進化し続ける矯正
当院の症例
自費入れ歯
総入れ歯・ハイドロキャスト
  (噛める入れ歯を患者さんと医師が一緒に作る)
超薄型軽量弾性義歯
  (金属バネがなくて入れ歯と気づかれない-小さく違和感も少ない-)
小児治療
  (小児専用チェアー、小児科親子室、ゲームコーナー、保険内で少しでも歯並びをよくする方法
機能的審美歯科
当院の症例
2台のレーザー治療器
パナソニックCO2レーザー
(世界初厚生認可)
モリタEr:YAGレーザー
かみあわせ異常とアゴの痛み
(顎関節症)
困難な親知らずの日帰り抜歯・
主な設備
インプラント
中部地区1位 全国2位
  (アメリカNo.1インプラント3i過去植立総数)
GOIA(国際インプラント学会)認定医
インプラント治療とは
  現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯
当院のインプラント・3i紹介
インプラントの長期保存を目指して、何をすべきか。
当院学会発表論文2008
ぺリオインプラントセンター
  (ぺリオ=歯槽膿漏)
写真とコンセプト
2台の高感度デジタルCT(2台保持は日本初)
当院では目的に応じ2台のCTを使い分け安全で適確な治療計画を立てます。
歯科専用手術台(ドイツ製)
日本初の設置
インプラントをただ埋めるだけではダメ
  (免震構造とインプラント)技工士とのタイアップ
サイナスリフト法
  (上顎の奥の骨の薄い所に骨を移植して強化)
静脈鎮静法・
総入れ歯を1日で噛める歯に
  大学病院麻酔科と連携し手術を楽に行う)
治療の症例(インプラント)
治療の手順(インプラント)
当院の症例(インプラント)
当院では機構の異なる2台のレーザー治療器を導入しています。パナソニックCO2レーザーはレーザー光が照射した表面にのみ反応し内部組織には一切ダメージをあたえないという特徴があります。主に抜歯後の消毒、歯の根の消毒に効果を発揮します。
モリタEr:YAGレーザーレーザー光が深い組織に入り込み、その強力なパワーは無痛で歯を削る事も可能です。他に歯肉切開歯肉除去や、今まで取りようのなかった歯の根にこびりついたがんこな病巣歯石も取り除く事も可能になりました。
共通の特徴としては色素沈着除法(歯ぐきの黒ずみをとる)、歯質強化、覆とう(歯の神経を保護する膜をつくる事)、患部の殺菌、消毒 etc・・・ などが上げられます。
詳しく知りたい方は以下の説明書をお読み下さい。

【パナソニックレーザー治療】 (世界初の厚生労働省薬事認可 )

数ある機種の中で世界初の厚生労働省薬事認可を受けています。歯質強化、歯ぐきの黒ずみをなくす、歯槽膿漏治療、知覚過敏、口内炎、止血その他に効果があります。
  今までの歯科治療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、レーザーは、痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にします。 歯グキなどのハレをおさえ、歯周病を治療し、キズの治りを早くするだけでなく、虫歯になりにくくしたり、虫歯になってしまったら必要最低限の除去治療ができるほか、歯を白くするなどの特別な処置にも使われます。ご紹介した治療方法はほんの一例で、他にもいろいろな治療に応用できますので、スタッフまたはドクターにご相談ください。





【かみ合わせ異常とアゴの痛み(顎関節症)を引き起こす原因@〜G
 レーザーによりアゴの痛みを軽減することができます。

かぶせ物、詰め物が高い(低い)場合
  歯にかぶせた物や詰めた物の高さが、少しでも高かったりすると、かむ力がそこに集中し、歯に異常をきたします。そればかりか、その歯を中心とした異常回転運動が起こり、(本来のアゴを中心とした回転運動と異なる為)アゴに過剰な負担がかかり、痛みなどの異常が生じる場合があります。かみ合わせに違和感がある場合は、そのままにせず、相談においで下さい。
アゴに"あそび"がない場合
  車のハンドルの"あそび"と同じように、アゴの関節にも、あそび=余裕が必要です。上アゴの歯は、すべて下アゴの歯の上に重なっているのが理想です。が、1本でも、歯が逆にかみ合わさったりしていると、そこで歯がロックされ、アゴのあそびがなくなり、アゴの関節に異常をきたしやすいです。そのようなかみ合わせは、早尚に改善する必要があります。
指しゃぶりによる場合
  子供の指しゃぶりなどで、前歯があいてしまい、かみ合わないような場合=開口があります。これは、物がかめないばかりかかみ合わせのバランスが悪く、やがてアゴに異常をきたしやすいです。「そのうちなおる」と楽観しないで、早目に、矯正の相談をされると良いでしょう。
かみ合わせが悪い場合
  大人の方で、アゴがカクカクしたり、痛みがある場合、歯ならびが原因になっていることがあります。前歯がきちんとかみ合っておらず、かんでもすき間ができてしまい、奥歯しかかみ合っていない状態の歯ならびだと、アゴに過剰な負担がかかり痛みが生じます。この場合は、就寝時に、バイトプレートという装置を入れ、アゴを保護する必要があります。(保険可)
かみ合わせにずれがある場合
  かみ合わせの良し悪しにも、いろいろあり、悪いかみ合わせの例として、次の状態が挙げられます。まず、軽く"カチカチ"と数回かんだ後、そのままかみあわせた状態で、更に強くかみしめた時に、スライドする症状。これは、一度かみあわせが決定された後、地すべりのように再度かみあわせがずれるので、支点がずれるように、ヒネリ現象が加わり、アゴに異常をきたします。このような場合は、直ちにかみ合わせの調整が必要です。
親知らずが原因する場合
  若い方に多い症例として、親知らずのはえてくるスペースがなくて、ゆがんだり真横にはえてくる事があります。両奥の親知らずが前の歯をおし上げるので、かみあわせがずれて、アゴに負担がかかり、痛くなる場合が、しばしばみられます。ゆがんではえてくる親知らずは、むし歯や歯槽膿漏の原因になるので、早目に抜くことをお勧めします。
生活習癖が原因する場合
  なんでもない生活習癖が、意外なアゴの痛みやかみ合わせ異常を引き起こすことがあります。たとえば過度の指しゃぶりが出っ歯につながるのが有名な例です。その他に頬づえをついたり、横向きに眠る習慣の方は、アゴに過剰負担がかかり痛んだりかみ合わせのズレにもつながるので注意しましょう。
レーザー治療でアゴの痛みを軽減
  対処療法として、レーザー照射により、アゴの痛みを軽減することも有効です。今まで述べたような根本的なアゴの改善が必要です。(レーザー照射は無痛で副作用はありません。)
炎症について(アゴなどの)
  "おでき"やかさぶたなどが出来ると、ついつい触ってしまいつぶしたりはがしたくなる衝動に駆られる事があります。
同様に、歯肉やアゴに炎症や異常が起きると、触りたくなる傾向があるようです。
●歯肉が腫れているのに、歯ブラシでゴシゴシ磨いて悪化させる。
●アゴが痛むのに、マッサージをしたり、筋肉を鍛えようとして、悪化させる。
こんな場合は、触らないでおくのが原則です。歯科を受診し、根本原因を排除することが重要です。
その他にもさまざまな原因が考えられます。かみ合わせが悪いとアゴの痛みばかりか筋肉痛(肩こり)や頭痛やがてはアゴの変形、背骨の変曲につながることもあります。
また、重要なことは、アゴが痛んだ場合、痛みがとれるまでアゴを安静にすることです。そのためには、柔らかいものを食べ、口も小さめに開けて咀嚼(そしゃく)し、くれぐれも痛んだアゴを手で触らないようにお願いします。
いづれにしても、複雑な世界ですので永年の経験と技術が必要です。予約は院長でおとり下さい。
ページのTOPに戻る