0568-79-8244(ハニヨシ)
  24時間自動予約受付
  夜 8:30分まで診療
HOME 医院紹介 アクセス 中日・朝日新聞 当院記載Q&A
当院の高レベルな保険治療
歯槽膿漏に取り組み20年
  日本臨床歯周病学会認定医
歯槽膿漏を克服するには
劇的リフォーム歯槽膿漏 回復術と歯肉再生
レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療
歯槽膿漏とインプラント及び各種手術方式
発想を転換し進化し続ける矯正
当院の症例
自費入れ歯
総入れ歯・ハイドロキャスト
  (噛める入れ歯を患者さんと医師が一緒に作る)
超薄型軽量弾性義歯
  (金属バネがなくて入れ歯と気づかれない-小さく違和感も少ない-)
小児治療
  (小児専用チェアー、小児科親子室、ゲームコーナー、保険内で少しでも歯並びをよくする方法
機能的審美歯科
当院の症例
2台のレーザー治療器
パナソニックCO2レーザー
(世界初厚生認可)
モリタEr:YAGレーザー
かみあわせ異常とアゴの痛み
(顎関節症)
困難な親知らずの日帰り抜歯・
主な設備
インプラント
中部地区1位 全国2位
  (アメリカNo.1インプラント3i過去植立総数)
GOIA(国際インプラント学会)認定医
インプラント治療とは
  現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯
当院のインプラント・3i紹介
インプラントの長期保存を目指して、何をすべきか。
当院学会発表論文2008
ぺリオインプラントセンター
  (ぺリオ=歯槽膿漏)
写真とコンセプト
2台の高感度デジタルCT(2台保持は日本初)
当院では目的に応じ2台のCTを使い分け安全で適確な治療計画を立てます。
歯科専用手術台(ドイツ製)
日本初の設置
インプラントをただ埋めるだけではダメ
  (免震構造とインプラント)技工士とのタイアップ
サイナスリフト法
  (上顎の奥の骨の薄い所に骨を移植して強化)
静脈鎮静法・
総入れ歯を1日で噛める歯に
  大学病院麻酔科と連携し手術を楽に行う)
治療の症例(インプラント)
治療の手順(インプラント)
当院の症例(インプラント)
【機能的審美歯科】−美醜を見分けること−

●機能的に、より美しく
 当院では、機能と形態の調和によって、初めて真の口腔の審美が得られるという概念から、常に機能性を根底におき、それでいて、最大限の美しさが引き出せるよう、努力しています。

●ドクター・技工士・患者さんとのタイアップ
 機能性(咬合理論)・審美理論を熟知した ドクター技工士が、直接患者さんの口腔をみて話し合い、患者さんの希望も聞いて、より理想的なものを作るよう努力しています。

●技工精度
 より精度の高い正確な装着物を作るため、技工物用高精度顕微鏡を用いています。

●装着物の色
 自分の歯(天然歯)の微妙な色あいにお気づきでしょうか?
 審美の基本は、色です。セラミックスで出来た歯のかぶせ物=メタルボンドは白いばかりがよいのではありません。いかに自分の歯の色調に合わせるかが、とても重要で難しいのです。当院では、日本人に最も合うとされているVITA社の色見本のオランジェリーイエローを基準にしています。さらに、色をドクター・技工士の知覚的判断だけで再現するには限界があると感じ、VITA社の新システムVITA3D-MASTERシェードシステムを取り入れています。VITA社のシステムは、色を、明度(明るさ)、彩度(色の鮮やかさ)、色相(色あい)の3つにわけ、それぞれの数値によって、ひとつひとつの色を正確に決定していくものです。みせかけの"白さ"ではなく、ナチュラルな患者さん個人にあった色を作り、美しい口元を演出します。
◇技工士もVITA社のスクールの卒業生です

●装着物の種類
1.セラミックスクラウン
   通常の保険適用歯は、合成樹脂(プラスチック)を使用しているので、審美性・強度的に劣り、色の変化・磨耗がみられます。が、この場合は、セラミックスを使用しているので、何十年経っても変色が見られず、審美的・強度的にも優れています。
2.カラーレスセラミックスクラウン
   1のセラミックスクラウンは、歯ぐきに近い部分に、金属が見えたり、歯ぐきが金属イオンによって黒ずむことがあるので、それを防ぐために開発されました。このクラウンは矢印の部分もすべてセラミックスになっているので、黒く見えません。
3.オールセラミックスクラウン
   1・2と比べ、金属を一切使用していないので、歯肉への害が一切なく、すべてが白くでき(歯の裏側の舌にあたる部分も)、天然の歯と変わりません。最も、歯と歯肉との相性が良いのですが、技工操作が非常に困難なため、多数の歯をつなげること(ブリッジ)は、精度上、困難です。製作時間も通常の3倍かかります。
4.オールセラミックスインレー
   笑った時など、奥歯の銀の詰め物が見えて気になる場合、詰め物(インレー)をセラミックスで作ります。全てが、白くできて天然の歯と変わりありません。また、金属は、金属どうしが触れ合ったり、近づいたりすると、電流(ガルバニー電流)が流れ、それが歯の腐食や神経刺激を促しますが、この場合、全くそれがありません。
 この開発されたセラミックスは、金属より硬く、金属とセラミックスを噛み合わせると、金属のほうが磨耗します。
5.ラミネートベニア
   歯の色が悪い場合、歯をほとんど削らず、麻酔なし(少量打つ場合もあります)で歯の表面にセラミックをはりつける方法です。技工操作が今まで説明した物の中で一番困難で、製作時間もかかります。また、すべてセラミックスなので4の説明と同様に、歯への悪影響はありません。
6.メラミン除去(歯ぐきの黒ずみをとる)
   今までは薬剤を塗ったり、歯ぐきを薄く削る方法などがありましたが、当院では、最新のCOレーザーにより、瞬時に痛みも少なく行えます。(保険可)ご希望の方は、お気軽にドクターにご相談下さい。
7.審美的に優れたインプラント(3i(スリーアイ)インプラント)
   今まで、前歯にインプラントを入れると、歯ぐきの部分にインプラント本体が見え、見栄えの悪いものでしたが、当院では、自然に見える3iインプラントを習得しました。尚、3iインプラントは、チタン純度が最も高い規格に入っており、インプラントの盛んなアメリカでは、現在、市場の30%を占め、トップブランドになっています。
8.矯正との併用
   当院では、矯正も行っておりますので、1〜7と矯正を併用して、機能性・審美性を追及しています。
9.外科手術との併用
   当院では、歯周病の治療を専門に行っていますので、歯肉移殖・骨移殖など高度な技術を駆使して、審美性・機能性を追及しています。
 
 

【当院の症例】
個人情報保護のためすべて模型にて例示します。
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
術前   術後
ページのTOPに戻る