0568-79-8244(ハニヨシ)
  24時間自動予約受付
  夜 8:30分まで診療
HOME 医院紹介 アクセス 中日・朝日新聞 当院記載Q&A
当院の高レベルな保険治療
歯槽膿漏に取り組み20年
  日本臨床歯周病学会認定医
歯槽膿漏を克服するには
劇的リフォーム歯槽膿漏 回復術と歯肉再生
レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療
歯槽膿漏とインプラント及び各種手術方式
発想を転換し進化し続ける矯正
当院の症例
自費入れ歯
総入れ歯・ハイドロキャスト
  (噛める入れ歯を患者さんと医師が一緒に作る)
超薄型軽量弾性義歯
  (金属バネがなくて入れ歯と気づかれない-小さく違和感も少ない-)
小児治療
  (小児専用チェアー、小児科親子室、ゲームコーナー、保険内で少しでも歯並びをよくする方法
機能的審美歯科
当院の症例
2台のレーザー治療器
パナソニックCO2レーザー
(世界初厚生認可)
モリタEr:YAGレーザー
かみあわせ異常とアゴの痛み
(顎関節症)
困難な親知らずの日帰り抜歯・
主な設備
インプラント
中部地区1位 全国2位
  (アメリカNo.1インプラント3i過去植立総数)
GOIA(国際インプラント学会)認定医
インプラント治療とは
  現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯
当院のインプラント・3i紹介
インプラントの長期保存を目指して、何をすべきか。
当院学会発表論文2008
ぺリオインプラントセンター
  (ぺリオ=歯槽膿漏)
写真とコンセプト
2台の高感度デジタルCT(2台保持は日本初)
当院では目的に応じ2台のCTを使い分け安全で適確な治療計画を立てます。
歯科専用手術台(ドイツ製)
日本初の設置
インプラントをただ埋めるだけではダメ
  (免震構造とインプラント)技工士とのタイアップ
サイナスリフト法
  (上顎の奥の骨の薄い所に骨を移植して強化)
静脈鎮静法・
総入れ歯を1日で噛める歯に
  大学病院麻酔科と連携し手術を楽に行う)
治療の症例(インプラント)
治療の手順(インプラント)
当院の症例(インプラント)
【レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療】

膿漏の予防は、歯石を付着させないことです。歯石は、軽石のような物で、表面がザラザラしており、歯石の表面につく食べカスの中で細菌が繁殖します。その細菌が、歯を支える骨をとかし、歯ぐきに炎症を引き起こします。歯槽膿漏は、このような細菌が100%原因となっています。だから、日頃から口の中は、細菌だらけである事を意識してブラッシングを心掛けたいものです。が、完璧なブラッシングは困難なので、我々歯科医は、「半年に一度は、是非歯のそうじを」と勧めている訳です。
しかし、困った事に歯石を鍛念にとると、「痛いっ」と患者さんに不評なのです。この時、少し深めの場所にある歯石は、麻酔をうち感覚を鈍らせてから、歯石とりを行います。 歯ぐきに付着していた歯石をとりさると、冷たいものがしみて痛いと感じる事がよくあります。歯石というカバーがなくなった事で、冷たさや熱さなどを過敏に感じとってしまうのです。そこで、レーザーを歯にあて、歯質を強化し、歯の回りに巣くう細菌を死滅させます。当院のレーザーは、多種ある中で世界初の厚生省薬事許可を受け、痛みも副作用もありません。歯ぐきの深い所に付着した歯石は、前に述べたような"リフォーム術"によってとり去るしかありません。とも角、歯槽膿漏をひきおこす歯石は、なんとしても、取り去らねばならないのです。