0568-79-8244(ハニヨシ)
  24時間自動予約受付
  夜 8:30分まで診療
HOME 医院紹介 アクセス 中日・朝日新聞 当院記載Q&A
当院の高レベルな保険治療
歯槽膿漏に取り組み20年
  日本臨床歯周病学会認定医
歯槽膿漏を克服するには
劇的リフォーム歯槽膿漏 回復術と歯肉再生
レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療
歯槽膿漏とインプラント及び各種手術方式
発想を転換し進化し続ける矯正
当院の症例
自費入れ歯
総入れ歯・ハイドロキャスト
  (噛める入れ歯を患者さんと医師が一緒に作る)
超薄型軽量弾性義歯
  (金属バネがなくて入れ歯と気づかれない-小さく違和感も少ない-)
小児治療
  (小児専用チェアー、小児科親子室、ゲームコーナー、保険内で少しでも歯並びをよくする方法
機能的審美歯科
当院の症例
2台のレーザー治療器
パナソニックCO2レーザー
(世界初厚生認可)
モリタEr:YAGレーザー
かみあわせ異常とアゴの痛み
(顎関節症)
困難な親知らずの日帰り抜歯・
主な設備
インプラント
中部地区1位 全国2位
  (アメリカNo.1インプラント3i過去植立総数)
GOIA(国際インプラント学会)認定医
インプラント治療とは
  現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯
当院のインプラント・3i紹介
インプラントの長期保存を目指して、何をすべきか。
当院学会発表論文2008
ぺリオインプラントセンター
  (ぺリオ=歯槽膿漏)
写真とコンセプト
2台の高感度デジタルCT(2台保持は日本初)
当院では目的に応じ2台のCTを使い分け安全で適確な治療計画を立てます。
歯科専用手術台(ドイツ製)
日本初の設置
インプラントをただ埋めるだけではダメ
  (免震構造とインプラント)技工士とのタイアップ
サイナスリフト法
  (上顎の奥の骨の薄い所に骨を移植して強化)
静脈鎮静法・
総入れ歯を1日で噛める歯に
  大学病院麻酔科と連携し手術を楽に行う)
治療の症例(インプラント)
治療の手順(インプラント)
当院の症例(インプラント)
【歯槽膿漏とインプラント】
 歯槽膿漏で、残っている歯がもろくなっているのに、膿漏を治療しないでインプラントを埋め込むとインプラントに負担がかかりインプラントが抜けてしまいます。
 インプラントをする方の中には、歯槽膿漏で歯がぐらついている方が多いので、まず、他の残っている歯を健康な状態に改善しなければなりません。
 他の残っている歯や骨を、いかに健康な状態に保っているかが、インプラントを長持ちさせる秘訣なのです。インプラントには、歯肉や骨の再生・移植などの高度な歯槽膿漏治療の技術が、必要不可欠と言えます。
 当院では、インプラントの先進国北欧およびアメリカで会得した画期的な手術法で歯槽膿漏治療に成果を上げています。

【歯槽膿漏治療における各種手術方法の紹介】

1.歯肉切除術
 歯肉を切除することにより、単に、歯肉ポケットを減らす方法。膿漏が比較的軽度な場合に行いますが、歯周ポケットが再発しやすい症例もあります。
2.歯肉掻爬術
 歯肉を切り開き、中の方にこびりついている歯石をかきだします。
3.根分割保存法
 歯の根っこ(根)は2〜3本あり、膿漏がひどく抜歯しなくてはならない場合、行います。1本の歯のうちの、膿(うみ)がひどい根を、分割して抜去し、良い根だけを残す方法です。
4.歯肉移植術
 悪い歯肉を、良い健全な歯肉に置き換える方法です。
歯肉には、付着歯肉と遊離(可動)歯肉があり、遊離歯肉は歯ぐきの表面に、付着歯肉はその下にあります。膿漏が進むと、付着歯肉が減り、遊離歯肉だけが残ります。遊離歯肉は“ぶよぶよ”しており、歯やインプラントの周囲が遊離歯肉だけになると、歯周ポケットができやすく、細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。もちろん、歯を支える歯ぐきの力も低下します。
一旦、消滅した付着歯肉は、再生できません。そこで、自分の口の中の歯肉を切除し、移植します。2ヶ月程で、移植した部分が固まり、歯やインプラントを支えるに足る歯肉が形成されます。
5.歯肉再生療法
 歯ぐき(歯肉)の質が劣化しているため、1の歯肉切除術を行っても、歯周ポケットが再発する恐れがある場合行います。
1と同様に、歯石をかきだし、そのまま閉じると、歯の周囲は劣化した歯肉で覆われるため、歯周ポケットが再発し、歯石が付着しやすく膿漏は再度進行してしまいます。
そこで、劣化した歯肉が歯を覆わないよう固定し、生体の自然な復元力によって、歯肉を再生させる療法です。再生した歯肉は、歯への“ひっつき”がよく、確実に歯周ポケットを減少させます。手術時間は、1の3倍ほどかかり、特殊なテクニックを必要とします。
歯槽骨(歯肉の下にあり、歯を支えている)の整形も同時に行うことができます。膿漏で失われ、不揃いになった骨を、本来の形態に近づけます。
6.GTR法(骨欠損が少ない場合)
 膿漏で溶けた骨(歯槽骨)を再生させる方法です。
膿漏がひどく、歯槽骨が溶けてしまった場合、5の歯肉再生療法を行い、歯周ポケットを減少させても、歯を支える土台が弱く、歯は充分に機能しません。溶けてしまった歯槽骨を再形成させるには、歯肉が歯の周囲を覆わないように、歯の根っこから歯肉を離しておかなければなりません。
歯肉の復元力のほうが、歯槽骨の復元力より強く、歯槽骨の再形成を妨げるからです。
手術により歯石を除去した後、生体親和性のある膜を歯肉と歯槽骨の間に置き、歯肉の急加成長を防ぎます。すると、歯槽骨の付着繊維がゆっくりと成長し、歯槽骨が再形成されます。
骨の自然な復元力を促すため、4ケ月程、日数を要します。
7.骨移植術(骨欠損が多い場合)
 膿漏により、やせて小さくなった歯槽骨に骨を移植し、インプラントや入れ歯の土台を作る方法です。
移植骨には人工骨と自家骨(本人の骨)があります。

1〜7まで治療法を説明しましたが、膿漏は1つの治療法で対処できるというものではありません。
5と4、5と6、5と7など各治療法を併用して治療を進めます。
「切除」「移植」という言葉から、大変な治療法というイメージを受けられたかも知れません。
膿漏も初期の段階なら、歯の表面を掃除するだけで手術をしなくてもすみます。が、ある段階を超えると、手術による積極的な治療が必要になります。
ページのTOPに戻る