0568-79-8244(ハニヨシ)
  24時間自動予約受付
  夜 8:30分まで診療
HOME 医院紹介 アクセス 中日・朝日新聞 当院記載Q&A
当院の高レベルな保険治療
歯槽膿漏に取り組み20年
  日本臨床歯周病学会認定医
歯槽膿漏を克服するには
劇的リフォーム歯槽膿漏 回復術と歯肉再生
レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療
歯槽膿漏とインプラント及び各種手術方式
発想を転換し進化し続ける矯正
当院の症例
自費入れ歯
総入れ歯・ハイドロキャスト
  (噛める入れ歯を患者さんと医師が一緒に作る)
超薄型軽量弾性義歯
  (金属バネがなくて入れ歯と気づかれない-小さく違和感も少ない-)
小児治療
  (小児専用チェアー、小児科親子室、ゲームコーナー、保険内で少しでも歯並びをよくする方法
機能的審美歯科
当院の症例
2台のレーザー治療器
パナソニックCO2レーザー
(世界初厚生認可)
モリタEr:YAGレーザー
かみあわせ異常とアゴの痛み
(顎関節症)
困難な親知らずの日帰り抜歯・
主な設備
インプラント
中部地区1位 全国2位
  (アメリカNo.1インプラント3i過去植立総数)
GOIA(国際インプラント学会)認定医
インプラント治療とは
  現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯
当院のインプラント・3i紹介
インプラントの長期保存を目指して、何をすべきか。
当院学会発表論文2008
ぺリオインプラントセンター
  (ぺリオ=歯槽膿漏)
写真とコンセプト
2台の高感度デジタルCT(2台保持は日本初)
当院では目的に応じ2台のCTを使い分け安全で適確な治療計画を立てます。
歯科専用手術台(ドイツ製)
日本初の設置
インプラントをただ埋めるだけではダメ
  (免震構造とインプラント)技工士とのタイアップ
サイナスリフト法
  (上顎の奥の骨の薄い所に骨を移植して強化)
静脈鎮静法・
総入れ歯を1日で噛める歯に
  大学病院麻酔科と連携し手術を楽に行う)
治療の症例(インプラント)
治療の手順(インプラント)
当院の症例(インプラント)
【歯槽膿漏を克服するには】
 歯は、歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられています。 その骨が、歯槽膿漏をひき起こす細菌に侵蝕され、溶けて歯がぐらつき、やがて抜けてしまう病気のことをいいます。
 しかし、病気といっても虫歯(う蝕)とは違い、骨や歯ぐき(歯肉)の老化とも関連しているので、残念ながら完治はできません。 しかし、骨や歯ぐきを健全で清潔な状態に保つことで、症状が改善され、歯が抜けるのを食い止める事が可能です。

【歯槽膿漏の進行過程】

1.歯ぐきが弱かったり、歯の磨き方が悪いと、歯ぐきの内側に食べすが溜まります。それがプラーク(歯垢)になり、やがてカチカチの歯石となって歯に付着し、普通の歯磨きでは取れなくなります。

2.プラークは細菌のかたまりです。 歯石の中には細菌はいませんが、歯石の表面はでこぼこしているので、一旦、歯石がつくと加速度的にプラークの量が増加し、細菌も増えていきます。

3.プラークの中の細菌が繁殖し、増加し続けます。そして今度は、歯を支えている骨(歯槽骨)を、どんどん侵蝕し始めますが、痛みは感じられません。 歯槽膿漏の治療が手遅れになるのは、初期に痛みが出ないからです。

4.どんどん歯槽骨が侵蝕され、膿(うみ)がでて、歯がグラグラし痛んできます。ここまで、歯槽膿漏が進行してしまった場合、速やかに歯を抜かなければ、歯槽骨が溶けるのをくいとめることはできません。 やがて、入れ歯やインプラントを入れる段階になっても、それらを支える土台の骨が、やせて小さくなるので、吸着力の弱い入れ歯や、支える力の弱いインプラントになってしまいます。(この状態になると、骨の移植が必要となり、余分な手間と時間がかかります)

●治療法
◇口の中を掃除しやすい状態に整える◇
第一に、プラークと歯にこびりついた歯石をしっかり取ることです。 次に、細菌に侵蝕され、不規則に破壊された歯と歯の周りの組織を、規則正しく、もとのあった状態に近づけていきます。こうすることで、口の中を掃除しやすい、清潔な環境に保つことができます。
◇歯石取りとブラッシング◇
一般に歯石取りは専用器具を用いて行いますが、歯ぐきの奥の方に入った歯石は、とても取れきれません。そんな場合は、手術により、歯ぐきを切り開き、奥の方に付着した歯石を除去することも必要です。また、自分の歯の状態にあった適切な歯の磨き方(ブラッシング法)を身につけ、プラークがたまらないようにします。
重症の歯槽膿漏の治療には、3ヶ月〜半年の期間が必要です。歯石取りや歯石除去の手術行った後、歯ぐきの自然な治癒力を観察しながら、治療を進めていかねばなりません。「なかなか歯が入れてもらえない」という懸念が起こるかもしれませんが、我々医師も「早く次のステップに」という気持ちを抑えて、歯石取りとブラッシング指導に取り組んでいます。歯槽膿漏は、虫歯の治療以上に、患者さんの“やる気”と協力が必要です。よろしくお願いします。

歯槽膿漏の自己テスト
◇あなたの歯ぐきは健康ですか?「はい」は得点です。
1 起床時に口の中がネバついて不快感がある(2点)
2 歯ぐきがむずむずして不快(2点)
3 歯みがき時、かたいリンゴをかじった時、歯ぐきから出血する(5点)
4 歯ぐきが赤く腫れて出血しやすい(5点)
5 歯の根が露出し、知覚過敏になりやすく、水がしみやすい(10点)
6 口臭がある(5点)
7 歯と歯の間に食べ物が入りやすい(10点)
8 歯ぐきが腫れ、膿(うみ)がでて時々痛む(20点)
9 歯がグラグラ動き、物がよく噛みにくい(30点)

合計 点  
0〜4点 まずまず健康
5〜19点 要注意!検診を
20点〜 大至急治療を!
(歯科医師会資料参考)

ページのTOPに戻る