0568-79-8244(ハニヨシ)
  24時間自動予約受付
  夜 8:30分まで診療
HOME 医院紹介 アクセス 中日・朝日新聞 当院記載Q&A
当院の高レベルな保険治療
歯槽膿漏に取り組み20年
  日本臨床歯周病学会認定医
歯槽膿漏を克服するには
劇的リフォーム歯槽膿漏 回復術と歯肉再生
レーザを利用した軽度の歯槽膿漏治療
歯槽膿漏とインプラント及び各種手術方式
発想を転換し進化し続ける矯正
当院の症例
自費入れ歯
総入れ歯・ハイドロキャスト
  (噛める入れ歯を患者さんと医師が一緒に作る)
超薄型軽量弾性義歯
  (金属バネがなくて入れ歯と気づかれない-小さく違和感も少ない-)
小児治療
  (小児専用チェアー、小児科親子室、ゲームコーナー、保険内で少しでも歯並びをよくする方法
機能的審美歯科
当院の症例
2台のレーザー治療器
パナソニックCO2レーザー
(世界初厚生認可)
モリタEr:YAGレーザー
かみあわせ異常とアゴの痛み
(顎関節症)
困難な親知らずの日帰り抜歯・
主な設備
インプラント
中部地区1位 全国2位
  (アメリカNo.1インプラント3i過去植立総数)
GOIA(国際インプラント学会)認定医
インプラント治療とは
  現在のチタン系インプラントに至るまでの経緯
当院のインプラント・3i紹介
インプラントの長期保存を目指して、何をすべきか。
当院学会発表論文2008
ぺリオインプラントセンター
  (ぺリオ=歯槽膿漏)
写真とコンセプト
2台の高感度デジタルCT(2台保持は日本初)
当院では目的に応じ2台のCTを使い分け安全で適確な治療計画を立てます。
歯科専用手術台(ドイツ製)
日本初の設置
インプラントをただ埋めるだけではダメ
  (免震構造とインプラント)技工士とのタイアップ
サイナスリフト法
  (上顎の奥の骨の薄い所に骨を移植して強化)
静脈鎮静法・
総入れ歯を1日で噛める歯に
  大学病院麻酔科と連携し手術を楽に行う)
治療の症例(インプラント)
治療の手順(インプラント)
当院の症例(インプラント)
【保険内で少しでも歯並びをよくする方法
タイムリーに乳歯を抜く
  乳歯の下には常に永久歯が接触してはえてきます。が、たまに乳歯の根がしっかりし過ぎているため、永久歯がつっかえ、傾いてはえてくる場合があります。
レントゲン写真をとり、永久歯の成長の具合を、的確に判断しタイムリーに、乳歯を抜く必要があります。なかには、乳歯がしっかりし過ぎているため、永久歯が骨の中で完成してしまいはえてこられない症例も、ごくまれにあるので、注意を要します。

乳歯のスライスカット
  乳歯の抜けかわりの時期に、永久歯が乳歯につっかえて、ゆがんではえてきたり、はえてこられない場合があります。そんな時、乳歯を少し削り、永久歯のはえてくるスペースを作ります。歯列矯正は、各種装置を使い、アゴそのものを拡大させますが、抜けかわりの時期に、タイミングよく乳歯を削り、保険内で、少しでも歯並びを良くします。

上唇小帯肥大切除術
  上唇小帯は、上唇の真中と歯ぐきをつなぐ”すじ”で、上唇の裏にあります。これが大きく発達していると、前歯がすきっ歯になったり、歯並びが悪くなったり、発音障害が生じることがあります。この小帯をタイミングよく切除する事により、症状を改善できます。当院では、レーザーで簡単に切除できます。

乳歯の虫歯治療
  むし歯の治療も、歯並びを良くすることにつながります。むし歯を治さずにいると、乳歯の根の先に、病巣ができます。その下からはえてくる永久歯は、病巣をさけるように、ゆがんではえてきてしまいます。又、永久歯の歯質も悪化します。従ってむし歯になった乳歯は、しっかり治しておく必要があるのです。

子供の過剰歯(余分な歯)の除去手術
  上アゴの前歯がいつまでたっても抜けかわらなかったり、異常な歯並びの場合、余分な歯が、骨の中にひそんでいることがしばしばあります。そんな場合、早急に余分な歯を抜いて、歯並びを改善する必要があります。

歯肉弁開窓術
  なんらかの理由で、乳歯が早く抜けた場合、抜けた部位の歯肉が、増殖肥大することがあります。下から生えてくる歯が、その肥厚した歯肉につっかえて生えてこれなかったり、ゆがんで生えてくる事があります。この場合、肥厚した歯肉を速やかに切開し、歯がスムーズに生えてこれるようにする必要があります。

外傷による乳歯の骨性癒着
  乳歯の打ぼく・外傷が原因となるものです。過去に歯を強く打つと(くり返し打つなども)乳歯が抜けかわらず残る事があります。これは、乳歯の根が、歯を支えている骨と癒着をおこし、永久歯の抜けかわりを妨げているからです。この場合(歯並びにも影響するので)速やかに乳歯を抜く必要があります。

抗けいれん薬による萌出遅延
  抗けいれん薬の副作用として、歯肉が増殖肥大し、永久歯が生えてくるのを妨げることがあります。この場合、歯がスムーズに生えてくるよう、肥厚した歯肉をすばやく切開する必要があります。


生えかわりや歯並びを阻害する要因は様々な症例があるので心配な場合は、是非とも医院長に一度、ご相談ください。


ページのTOPに戻る